Field of Ideas

ルービックキューブの日本大会で2度(2007年、2012年)チャンピオンになったことだけが自慢の現役文系大学生によるブログ。

Roux Methodのすすめ

最近、かそちさんがRoux Methodをやりこんでいるそうだ。
何でもこの解法でsub10を出す動画に感銘を受けて、今は20秒程度で揃えられるらしい。
それを知った私は、2007年頃からぼそぼそと遊びでRouxをやっていたことを思い出し、
今まで溜め込んでいたRoux熱が一気に熱くなった。
「やっぱりこれからはRoux Methodだよな!」
そう思い、私もぼちぼち手をつけることにした。

さて、そうは言っても3x3x3の解法なんてLBL(CFOPと言い換えても良い)くらいしか分からないと言う人が大半だろうから、ここでひとつこの素敵な解法を紹介したい。
簡単に言うと、「LBLとCFの良さをミックスした面白い解法」なのである。
流れはこんな感じである(以下、speedcubing.jpより引用、まあ私が書いたんだけどサ)
. 1面に1x2x3のブロックを作る。
2. Step1で作ったブロックと対になるようにもう一つ1x2x3のブロックを作り、D面を基にしてL面とR面に1x2x3のブロックが来るよう持ち替える。
3. OLLとPLL、もしくはCMLL(M列のキューブを考慮しないコーナーセット)を用いて、U面のコーナーの向きと位置を揃える。
4. 残った6つのサブキューブの向きを正しくする(BLDの要領で行う)。
5. L面とR面のサブキューブを揃え、L面とR面がそれぞれ完全一面となるようにする。
6. M列のサブキューブを揃える。
(以上引用)
この解法をマスターする利点は、以下の通りである。
1.覚える手順が少ない。
覚えるのはCMLLの42個と、Step2のいくつか、そしてStep4-6の8つくらいである。
特にStep4-6はOLLが57個、PLLが21個に比べると段違いの少なさである。
2.手数が少なく、FMCにも活用出来る。
特にStep1-2は工夫次第で20手以内に納めることが出来ます。
3.揃う感じがなんかカッコいい。
動画で観れば分かります。Kirjava氏やBigGreen氏のようなRouxでsub10を出している人なんか、もう、格好良すぎます。
お二方は動画をいっぱい出しているので、何本か観てみてください。
Kirjava氏の20通りの解法でsub20を出す動画は一見の価値あり。
http://www.youtube.com/user/LuigiStl (BigGreen)
http://www.youtube.com/user/snkenjoi (Kirjava)
で、この解法には最大の欠点があります。「M列の回転が苦手な人には合わない」のです。
Step4-6はM列の回転をフルに使うので、それが苦手な人にはちょっとお勧め出来ないかな、と。
あと、Step1-2は慣れないうちだと非常に頭を使います。もちろん慣れれば、so cool!です。

どうです?君もRoux Methodをやらないか。

ちなみに私のPBは avg12: 16.73 (σ = 0.92)でございます。
CMLLを覚えてないし、Step4-6に慣れてないので、まだまだ縮むと思います。
目標はこの解法でもsub10を出すことですw