Field of Ideas

ルービックキューブの日本大会で2度(2007年、2012年)チャンピオンになったことだけが自慢の現役文系大学生によるブログ。

Yau Method のすすめ

ごきげんよう。

さて、最近私は4x4x4にはまっている。
kaddeyさんに煽られたのをきっかけに多いに練習して、Nakaji、しゅう、優(以上JapanContestでの名義)、そしてYumuに並ぶほどの実力を身につけた。
なぜ私がこの実力を付ける事ができたのか。
それは3x3x3の力もあるのですが、何と言っても解法を改良したのが大きいです。

現在私が使っている解法は、「Yau Method」というものです。
Robert Yauさん(ちなみにg91、私と同い年)というイギリス人が考案し、2010年のうちに公式大会で平均44秒を出した解法です。
現在世界トップレベルの主流は日本で言うところのコーラ式エッジセットであり、
このYau Methodは現在使用しているキュービストが少ないです。
私より上位の人でもDan CohenとSebastian Weyerくらいしか使っていません。
それはおそらくコーラ式でも十分速い、という意見が主だと思うのですが、
私はこのコーラ式に限界を感じていたため、解法を乗り換えたのです。

解法の流れはこんな感じです。

1:対面のセンターを揃える(海外配色黄色と白、赤と橙、緑と青のいずれか)

2:クロス色のエッジを3つ揃える(4で修正可能なので任意の位置で良い)

3:クロス色のエッジが揃っていない部分がU面に来るよう持ち替え、3層回し等を駆使してクロス(Tの字)が崩れないように残りのセンターを揃える。

4:センターを揃えたら、クロス色の残りのエッジをそろえ、クロスを完成させる。

5:後は3点交換等を駆使してエッジを揃え、3x3x3の要領で揃える。パリティが発生したら修正する。

以上です。この文だけじゃわかりにくい(し、多分思い違いをしているw)と思うので、すがっちさんの解説動画を見るといいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=iXaKud-y4t4

利点は2つ挙げられます。

1.先にクロスを揃えてしまうため、エッジセットの時にD面を見なくても良い

これが一番大きいと思います。このために無駄な持ち替えがかなり省かれます。

2:先にクロスを揃えてしまうため、F2Lから始めることができる

これも大きいです。エッジセットをしながら1ペア目を探すという芸当も可能です。

もちろん欠点もあります。

1:慣れないとクロス色エッジセットやセンターセットに時間がかかってしまう。
2:5x5x5など、他のビッグキューブに応用がきかない(逆に遅くなる)
3:単色クロスだと遅いときは本当に遅い(カラーニュートラルならこの弱点は消える、ちなみにYau氏もCN族らしい)

Yau Methodは私のように「ほどほどに早く回せて先読みも得意」という人が習得すると
とてつもない効果が出ると思います。
私はこの解法にした結果日常sub45に至ることができましたし、
世界大会での30.34というとんでもない記録もたたき出す事ができました。
もしコーラ式を知っているけどどうも遅い...という人がいたら、
このYau Methodを習得してみましょう。