Field of Ideas

ルービックキューブの日本大会で2度(2007年、2012年)チャンピオンになったことだけが自慢の現役文系大学生によるブログ。

スピードキューブの来し方行く末 -1 2005年から2009年上半期まで-

どうも久しぶり。
予備校充なうなあまりmixiもツイッターも覗けてませんでした。
俺、早稲田に合格してキューブサークルに入るんだ…!
(落ちたら明治か法政でキューブサークルをこっそり作ります)
それから彼女をつくるんだ…正直今欲求不満できつい!

それはともかく。

暑くて眠れないので、スピードキューブの昔と今を
自分なりに振り返ってみようと思う。
というのもオレ、2005年8月31日に初めて自力で完成させてから、もうすぐ5年が経とうとするんだぜ。
それでもYumuより短いらしいのだけど。

5年前の世界トップレベルは、確かavgでもsub15がやっとだったと思う。
Mackyがavg14.5xくらいをだしていた頃。当時はsub13なんて人外の領域だと思われていただろう。
だが、2006年後半ごろからそれまでのゆっくり回し主体のスピードキューブから、
F2Lをほぼフルスロットルで完成させる人々が増えてきた。
Gungzさんもこの系統に位置づけられるだろう。
オレもこの手法をちょろっと採用したときに2006年10月にRAでsub13を捕獲してたんだぜ。
まあ、そのあとの日本大会で盛大にコケたが。仕方ないね。

で、2007年にはPBsub11がを捕獲した人(ご存知、北の大地の人)が現れた。
で、その人が「ゆっくり回しは必要ない」と言い切ったから
さらにフルスロットルF2Lの人々が増えていった。
俺は「フランスのシャンボン氏はsub12だけどゆっくり回しじゃないか」って思ってたからそうしていたけどw
まさか世界3位を取れるなんて思ってなかったよ!

2008年にはsub9を捕獲した人(これも北の大地の人が最初のはず)も出てきて、
一応の限界が見えてきたかのように思われた。
すくなくとも、当時のオレは思っていた。
当時のオレは勉強とビーマニしかやってなかったしw
北の大地の人がキューブから離れたのも、2008年後半期だったのではないか。
で、そのまま2009年までいってしまった感がある。
この年の世界大会のチャンピオンであるB.Vallance氏も
sub10とはいえ芸風はなんらクラシックなものであったし。

そんな流れも2009年が終わる頃に変わった。
ニュージーランドにとんでもないタイムをたたき出す少年が現れたのである。
そう、Feliks Zemdegsである…(続く)