Field of Ideas

ルービックキューブの日本大会で2度(2007年、2012年)チャンピオンになったことだけが自慢の現役文系大学生によるブログ。

ルービックキューブのフィンガリング考察

たまには、真剣にルービックキューブについて考えてみることにする。

といっても私はあくまで速く回す方の人間なので、
手順発掘のことを書いたりはしないかもしれない。
だからこのはてなダイアリーで書くことは
あくまでも手順の回しかたとか、その話が中心になります。

では早速本論に入ります。
今回は、OLL13番について取り上げます。

F U R U2 U' R U R' F'

従来この手順には
L F' L' U'L F L' F' U F
という回し方があったが、
こちらの方が指使いが楽で、なにより早い。

ではどうするか。
最初のFは右人トリガー。
その後瞬時に右手を持ち替え、右人トリガー(U)。
ここから一気にR U2 R'。U2は右手ダブルトリガーが望ましい。
そして左人トリガー(U')。
R U' R'は言わずもがな、F2Lの基本手順の要領で行う。
最後に右親でプッシュしてF'。
これで、およそ1.2秒くらいのタイムが望める。

なお、1回目のUは左人プッシュ、その次に来るU2を左ダブルトリガーで行うと、
より速く、つなぎ目なく回すことが可能となる。
私はこの方法で0.95秒くらいのタイムを出すことができた。

と、こんな具合に説明する、そんなダイアリーになりそうだ。
えっ、文が変に固いし、専門用語だらけでよく分からない?
ごめんねごめんねー!